助産師の求人多数!転職なら「助産師の窓口」へ

大学病院での助産師の仕事内容とは?

josanshi_1

妊婦の健診や分娩の介助だけでなく、産後のケアや新生児の保健指導など、出産に関するあらゆる場面で妊婦をサポートする助産師。なかでも、大学病院で働く助産師はどんな仕事を行っているのでしょうか。
この記事では大学病院の特徴を交えながら、大学病院に勤務する助産師の業務内容について詳しく解説していきます。

大学病院の特徴

最先端の設備を完備していることが多い大学病院では、医療技術を駆使したハイリスク妊娠や異常分娩などの取り上げが多い傾向にあります。さまざまなケースが予想される出産が多いため、産科医や看護師達との密な連携が必要になります。

また、医療に関する教育や研究を行っている専門的な医療機関として看護学生を受け入れる機会が多いため、教育制度や研修のシステムが充実しているのも特徴です。ブランクのある方・未経験の方・経験が浅い方でも勤務しやすいでしょう。

ただし、大学病院で助産師として勤務した場合は基本的には産科への配属がされますが、病院によっては他科へ異動することがあります。大学病院だからといって必ずしも助産師としてのスキルを磨き続けることができるとは限らないので注意が必要です。

ハイリスク妊娠・ハイリスク分娩が多い

高齢の妊婦・極端な肥満の妊婦・重症な妊娠高血圧症候群など、妊娠中・出産中・産後に母体または胎児に危険が伴う可能性や、出産にあたってなんらかのリスクを伴う可能性のある妊娠の健診や介助を行うことが多い大学病院。帝王切開などの救急処置を視野に入れた分娩管理も行うため、一般のクリニックや病院では経験できないようなさまざまな経験をしっかり積むことができます。

ただし大学病院という性質上正常分娩がほとんどないため、正常分娩の経験を積みにくいというデメリットが挙げられます。そのため、ある程度大学病院で経験を積んだ後に正常分娩のあるクリニックへと転職する方も多いようです。また常に人手が不足しているため一人の妊婦さんとじっくり関わることができず、次から次へと妊婦さんを受け持つ傾向にあります。

大学病院は、ハイリスク妊娠や異常分娩を多く経験して助産師として大きくスキルアップしたい、一人でも多くの妊婦さんと関わりたい、という人にはぴったりの職場でしょう。

MFICU・NICUでの勤務

母体胎児集中治療室(MFICU)や新生児集中治療室(NICU)などの専門的な設備が整っているのも大学病院の特徴です。

重症な妊娠高血圧症候群や切迫早産・合併症妊娠の妊婦や、お腹のなかの赤ちゃんが重篤な病気をもつ場合、母体胎児集中治療室や新生児集中治療室へ入院することになります。仕事内容はバイタルチェックが基本ですが、モニターの表示などを確認しながら状態に変化があるときにはすぐ医師に報告・指示をあおぎます。妊婦や赤ちゃんの状態によっては産婦人科だけでなく他の診療科との連携が必要となるため、科を超えたスムーズなチームプレーが重視されます。

また、入院中に精神的に不安定になりがちな妊婦の精神的なケアや、入院中の赤ちゃんの両親に対するアドバイスも行います。信頼関係を築いていけるようなコミュニケーション能力が必要とされるのも特徴です。

さらにMFICU・NICUの特徴として、MFICU・NICUは24時間体制のため常に気を張り詰めていなければならないだけでなく、なかには懸命の処置やケアの甲斐もなく残念ながら亡くなってしまう赤ちゃんもいます。とても悲しいことですが、いつまでも気持ちを引きずってしまうことはできません。MFICU・NICUでの勤務は、体力とメンタルの双方に自信がある人が向いていると言えるでしょう。

悲しいこともありますが、入院していた妊婦や赤ちゃんが回復をして退院したときの喜びはひとしおです。感謝の言葉を直接いただける機会もあるため、他にはない大きなやりがいを感じられるのも魅力の一つです。

分娩介助・健康指導・乳房ケア・新生児のケア

大学病院ではハイリスク妊娠やMFICU・NICUでの業務だけでなく、一般的な助産師と同じように妊婦の食事や運動に関する生活指導や健康指導、出産を迎えるにあたっての心構えや出産・育児準備のアドバイス、母親学級・父親学級の実施、赤ちゃんを取り上げる分娩介助、入院中の妊婦の体調管理や母乳指導、乳児の保健指導など、多岐にわたって業務を行います。
助産師の「妊娠から出産・育児に至るまで幅広くサポートをする」という基本的な仕事内容は、大学病院でも変わりありません。

大学病院はハイリスク妊娠・ハイリスク分娩が多くMFICU・NICUが整備されていることが多いため、一般のクリニックや病院に比べてより専門的に助産師としての経験を積めるのがメリットと言えるでしょう。医療に関する教育や研究を行っている専門的な医療機関として常に新しい設備や技術が取り入れられているため、助産師として大きくスキルアップできることが期待できます。

そもそも大学病院は求人があるのか

結論から言うと、大学病院での助産師の求人は非常に多くあります。国立・公立・私立を問わず、正職員かパートかを問わず、大学病院では助産師を多く募集しているので、就職・転職を希望している方はご安心ください。
大学病院における助産師の求人例・給与例を見てみましょう(2022年7月現在)。

  • 東京医科歯科大学病院(国立)
    助産師給与:287,390円(主要手当73,090円含)
  • 横浜市立大学病院・市民総合医療センター(公立)
    助産師給与:283,871円(主要手当53,847円含)
  • 東海大学医学部付属病院(私立)
    看護大卒:296,378円(主要手当94,078円含)
  • 大学病院で働くメリット

    大学病院で働く主なメリットを3つほど見てみましょう。

    新しい技術や設備の中で働くことができる

    大学病院は、患者を診療する病院である一方で、研究機関という側面も持ち合わせています。新しい技術や設備に恵まれている環境なので、日々の仕事を通じ、大学病院ならではの特別な知識・技術を習得できることでしょう。

    勤務体制に無理がない場合が多い

    一般病院であれ大学病院であれ人手不足には変わりありませんが、どちらかと言えば、大学病院のほうが勤務体制に無理がないことが多いとされています。一人ひとりの残業時間管理を始めとして、労働条件がしっかりしている傾向がある点は、大学病院のメリットの一つになるかもしれません。

    公務員として安定的な地位を手に入れられる

    上でもご紹介した通り、国立や公立の大学病院でも助産師は引く手あまたです。公務員は給与規定や休暇規定、各種福利厚生がしっかりしているため、現役中はもちろんのこと、退職してからも安定的な生活が約束されます。

    大学病院で働くデメリット

    大学病院で働く主なデメリットを3つほど見てみましょう。

    基本技術が習得しにくい大学病院もある

    大学病院は多くの研修医や医学生の修行の場ともなっているため、採血や注射、点滴などの基本的な技術の習得機会を、研修医・医学生に奪われてしまうことがあります。

    専門能力が偏ってしまうことがある

    大学病院の診療科は細分化されていることが多いため、同じ部署に長く配属されていると、専門能力が偏ってしまうことがあります。助産師の資格を持っていたとしても、その資格を活かせない部署に配属される可能性もあるでしょう。

    勉強会が多い

    見方によってはメリットと言えるかもしれませんが、一般に大学病院は勉強会や研修会などが多いと言われています。場合によっては、プライベートを潰して勉強会に参加しなければならないことがあるかもしれません。

    大学病院の助産師についてのまとめ

    当ページのポイントを3点ほど振り返ってみましょう。

    • 大学病院の助産師の求人はたくさんある
    • ハイリスク分娩などの高度な知識・スキルを身につけられる
    • 勉強会が多いなどのデメリットも少なくない

    新しい技術や設備に囲まれて専門性の高いスキルを身につけられる点は、一般病院とは異なる大学病院の大きな魅力の一つ。特定の助産分野で専門性を高めていきたい方、将来的には研究や教育にも携わってみたい方にとって、大学病院はベストな選択肢になるかもしれません。

    助産師としての転職をお考えの方は、お気軽にご相談ください

    当サイト「助産師の窓口」では、助産師の方の就職・転職を支援しています。
    気になる求人、または転職に関するご相談はお気軽にお寄せください。
    あなたの希望条件にあう施設のご紹介や、給与などの待遇の交渉・ご相談など親身になってお受けいたします。

「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです 「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです
  1. Point01 Point01

    “就職して活躍するまで”を
    ゴールに見据えてサポートします。

    「思っていたのと違った」そんな不幸なアンマッチを防ぐため、求職者さまと企業に念入りなヒアリングを実施します。
    就職がゴールではなく、気持ちよく働けるまでをゴールと考え、プロの目で見て、本当に活躍できる職場とのマッチングを目指します。

  2. Point02 Point02

    “職種”特化型エージェントだからこそ
    高い満足度を実現します。

    「助産師の窓口」は助産師のためだけの職種専門エージェント

    職種に特化し、職種への理解度の高いキャリアアドバイザーが満足度の高いマッチングを行います。

  3. Point03 Point03

    “あなたの納得チェックシート”で、
    あなたの想いを見える化します。

    “あなたの納得チェックシート” を作成し、面談時にあなたの想いを見える化します。
    応募時に職場側が約束できる内容を確認し「理想と現実のギャップ」をお伝えする事で納得のいく転職を目指してご紹介いたします。

ページトップに戻るボタン