助産師の求人多数!転職なら「助産師の窓口」へ

総合病院での助産師の仕事内容とは?

josanshi_2

妊婦の健診や分娩の介助だけでなく、産後のケアや新生児の保健指導など、出産に関するあらゆる場面で妊婦をサポートする助産師。なかでも、総合病院で働く助産師はどんな仕事を行っているのでしょうか。
この記事では総合病院の特徴を交えながら、総合病院に勤務する助産師の業務内容について詳しく解説していきます。

総合病院の特徴

地域医療の中核を担う役割の総合病院は住民の幅広い医療ニーズに応え、さまざまな医療を提供しています。一口に「総合病院」といっても、多数の診療科を持つ中規模以上の病院や周産期医療などの拠点病院に指定されている病院、より地域密着型の医療を提供している小規模な一般病院などがあります。

また、病院の運営や方針によって助産師の業務内容が異なるのも大きな特徴です。分娩をはじめとした産科や周産期医療はもちろんのこと、近年では少子化に伴い分娩の取り扱いをやめ、母親の産褥ケアや助言・相談をメインとした産後ケアに力を入れている病院などもあります。

総合病院での勤務を希望する際は、自分がどのような助産師になりたいかを見据え、希望に合う方針の病院を選ぶことが大切です。

外来での対応

診察や検査を受けに来院した人を対象とする外来では、妊婦の健診や診察などを行います。また妊婦と赤ちゃんの生活全般における保健指導や、妊娠中の過ごし方や運動に関する生活指導、母親学級・父親学級などの講師を務めることもあります。併設されている診療科目によっては、不妊治療や婦人科系の疾患、更年期障害などの産婦人科医の補助業務も担当することもあるでしょう。

また、妊娠中の相談に乗ることはもちろんですが、産後の母乳外来では授乳の指導や育児の悩みなどについてもアドバイスやケアも行っていきます。妊娠・出産後の女性だけでなく、乳幼児の健康と成長を支えることも助産師の大切な役割のひとつです。

母親学級・父親学級

「両親学級」「パパママ学級」など、呼び方はさまざま。こうした母親学級・父親学級では、妊娠・出産の基本的な知識を学ぶことだけでなく、赤ちゃんの抱き方やおむつ替え、授乳体験、沐浴の仕方など、産後に必要な育児に関する指導を行います。なかには父親が妊婦体験をできるような、妊婦体験ジャケットを用意している病院もあります。

特に初めて出産を迎える方は出産後や育児のイメージがつかみにくいものです。初産婦でも出産がどのように進んでいくのか、産後はどのような生活になるのかをわかりやすく伝える必要があります。

助産師外来

近年では「助産師外来」を設置している病院も多いのではないでしょうか。助産師外来では正常な経過をたどっている妊婦に対して、助産師が妊娠中の日常生活での保健指導や健診を行います。日頃の医師の妊婦健診では聞きにくいような、妊娠中のマイナートラブルになどについての相談を受けることもあります。

母乳外来

産後の乳房や赤ちゃんの授乳状況などを確認し、必要に応じて乳房マッサージなどを行う「母乳外来」も増えています。「母乳が出ない」「乳房が張って痛い」などの乳房に関するトラブルだけでなく「授乳が足りているのかどうかわからない」「断乳や卒乳はどうすればいい?」などのあらゆる悩みにアドバイスを行い、適切に対処・指導を行っていきます。

病棟での対応

病棟では分娩の介助や帝王切開で出産した場合の術後ケアやサポートだけでなく、新生児栄養指導や沐浴指導、授乳指導など、退院後の育児に関する指導を行っていきます。入院をするのは出産が近い妊婦だけとは限らず、早産など管理入院が必要なリスクのある妊婦も含まれます。

病棟で勤務する助産師は、日勤だけでなくローテーションでの夜勤もあるのが特徴です。担当している妊婦が自分の勤務中に出産するとは限らないため、夜勤・日勤の看護師や助産師、当直の医師に引き継ぎや申し送りをしっかりと行うことが重要となってきます。またバースプランなどを事前に決めている病院では立会い出産や無痛分娩の有無だけでなく、チーム全体で妊婦さんが希望する出産スタイルの共有をしておくことも必要です。

なにかと不安の多い入院生活のため、精神的な面から妊婦や赤ちゃんの両親を支え、信頼関係を築いていくことが大切と言えるでしょう。

まとめ

総合病院では、妊婦の食事や運動に関する生活指導や健康指導や出産・育児準備のアドバイス、赤ちゃんを取り上げる分娩介助、入院中の妊婦の体調管理や母乳指導など、多岐にわたって妊婦や赤ちゃんをサポートする業務を行います。また母体胎児集中治療室(MFICU)や新生児集中治療室(NICU)などの設備が整っている病院の場合は、異動によりMFICUやNICUで勤務する機会もあるでしょう。

総合病院と言っても、病院の規模や運営方針は病院によってさまざま。総合病院で勤務を希望する場合は給与や勤務形態だけでなく、「どんなことに力を入れている病院なのか」「特徴は何か」「どんな業務内容なのか」をしっかりと事前に調べる必要があります。

「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです 「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです
  1. Point01 Point01

    “就職して活躍するまで”を
    ゴールに見据えてサポートします。

    「思っていたのと違った」そんな不幸なアンマッチを防ぐため、求職者さまと企業に念入りなヒアリングを実施します。
    就職がゴールではなく、気持ちよく働けるまでをゴールと考え、プロの目で見て、本当に活躍できる職場とのマッチングを目指します。

  2. Point02 Point02

    “職種”特化型エージェントだからこそ
    高い満足度を実現します。

    「助産師の窓口」は助産師のためだけの職種専門エージェント

    職種に特化し、職種への理解度の高いキャリアアドバイザーが満足度の高いマッチングを行います。

  3. Point03 Point03

    “あなたの納得チェックシート”で、
    あなたの想いを見える化します。

    “あなたの納得チェックシート” を作成し、面談時にあなたの想いを見える化します。
    応募時に職場側が約束できる内容を確認し「理想と現実のギャップ」をお伝えする事で納得のいく転職を目指してご紹介いたします。

ページトップに戻るボタン