助産師の求人多数!転職なら「助産師の窓口」へ

産科、産婦人科などの専門クリニックでの助産師の仕事内容とは?

josanshi_3

妊婦の健診や分娩の介助だけでなく、産後のケアや新生児の保健指導など、出産に関するあらゆる場面で妊婦をサポートする助産師。なかでも、専門のクリニックや診療所で働く助産師はどんな仕事を行っているのでしょうか。
この記事では専門のクリニックや診療所の特徴を交えながら、専門のクリニックや診療所に勤務する助産師の業務内容について詳しく解説していきます。

専門のクリニックや診療所の特徴

専門のクリニックや診療所は、入院中の病室や食事だけでなく産後のマッサージやホテルのように豪華な内装など、さまざまなサービスに力を入れている施設が多いのが特徴です。分娩方法も無痛分娩・和痛分娩・フリースタイル分娩など、こだわりがあるのも特徴の一つです。

また専門のクリニックや診療所は総合病院や大学病院とは違い正常分娩が多いため、助産師としてのスキルを存分に発揮してたくさんの経験を積むことができるのが魅力です。すべてが正常分娩というわけではなく軽度の異常分娩も扱うため、多くのお産に立ち会うことができます。クリニックによっては帝王切開や中絶などの手術時によるサポートも助産師が行うこともあり、幅広くスキルアップできることが望めます。

ただしクリニックによっては人手不足のため教育制度が整っておらず、未経験や経験の浅い助産師が最初からクリニックに勤務をするのが難しい場合があります。また、定時で仕事を終えることができず、残業が発生しやすいのもデメリットと言えるでしょう。

出産前の仕事内容

出産前は妊婦健診や保健指導、母親学級・父親学級(両親学級)の講師などを担当します。

妊婦健診

妊婦健診では妊婦や赤ちゃんの健康状態を把握し、安心して出産できるようにサポートを行います。エコーで赤ちゃんが元気かどうかを確認するほか、血圧・体重・腹囲・子宮底長の測定や血液検査・尿検査など医療的な面からも母子のケアとサポートを行います。

保健指導

助産師は妊婦の健康指導や生活指導などの体調管理指導も行います。妊娠がきっかけで発症する「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などの危険性を十分説明し、リスクが高い人には適切な食事療法と体重管理をアドバイスしていく必要があります。

母親学級・父親学級

母親学級・父親学級では、妊娠から出産にかけての気をつけるべきことや赤ちゃんの基本的なお世話など、妊娠・出産に必要な知識の指導を行い、不安を解消していきます。特に初めて出産を迎える方でも「出産がどのように進んでいくのか」「産後はどのような生活になるのか」をイメージしやすいように、わかりやすく伝える必要があります。

また母親学級・父親学級では、普段の妊婦健診ではなかなか医師に質問できないような相談に乗ることもあります。

出産時

出産時は分娩の介助を行います。母体の状態を見ながら赤ちゃんの頭をおさえたり処置を促したりして、お産の進行をコントロールする重要な役割を果たします。

助産師は正常分娩の介助を行うことはできますが、逆子(骨盤位)や双子(多胎)の出産の場合は直接介助をすることができません。骨盤位や多胎妊娠の場合は帝王切開になることが多いため、その前後のケアやサポートを行うことになります。また分娩時に異常が見られた場合は医師に報告をし、指示を仰ぐことになります。

出産後

出産後は授乳介助や乳房マッサージが助産師の主な仕事となります。出産した母だけでなく赤ちゃんも授乳の初心者のため、助産師主導のもと授乳時のポジショニングやラッチオンのポイントを確認し、適切に指導をしていきます。また産後は乳房の生理的緊満が始まるため、緊満が取れるように乳房マッサージを行って乳汁の分泌を促進するなど、さまざまな乳房トラブルのケアも行っていきます。母乳外来が併設されているクリニックや診療所では、授乳の指導や育児の悩みなど、産後の母親に対するさまざまなケアやアドバイスを行います。

他にも沐浴の指導など退院後の生活や育児に関するアドバイスなども行い、母子が安心して退院できるようにサポートをしていきます。

まとめ

専門のクリニックや診療所では妊婦の食事や運動に関する生活指導や健康指導や出産・育児準備のアドバイスなど、多岐にわたって妊婦や赤ちゃんをサポートする業務を行います。大学病院や総合病院とは違い正常分娩を取り上げる機会が多いため、助産師としてのスキルを発揮することができるでしょう。

ただし、人手不足の専門のクリニック・診療所も多く、時間的にも業務量的にもかなり追われるため、なにごとも要領よく対応することが求められます。忙しいからといって雑な仕事をしてしまうと不信感にもつながってしまうため、忙しいなかでも丁寧な対応が必要です。臨機応変な対応を求められることもありますが、その分助産師としての力をしっかりと身に着け、成長しやすい職場とも言えるでしょう。

またクリニック・診療所ごとに特色があるため、事前に方針を知っておくことも必要です。

「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです 「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです
  1. Point01 Point01

    “就職して活躍するまで”を
    ゴールに見据えてサポートします。

    「思っていたのと違った」そんな不幸なアンマッチを防ぐため、求職者さまと企業に念入りなヒアリングを実施します。
    就職がゴールではなく、気持ちよく働けるまでをゴールと考え、プロの目で見て、本当に活躍できる職場とのマッチングを目指します。

  2. Point02 Point02

    “職種”特化型エージェントだからこそ
    高い満足度を実現します。

    「助産師の窓口」は助産師のためだけの職種専門エージェント

    職種に特化し、職種への理解度の高いキャリアアドバイザーが満足度の高いマッチングを行います。

  3. Point03 Point03

    “あなたの納得チェックシート”で、
    あなたの想いを見える化します。

    “あなたの納得チェックシート” を作成し、面談時にあなたの想いを見える化します。
    応募時に職場側が約束できる内容を確認し「理想と現実のギャップ」をお伝えする事で納得のいく転職を目指してご紹介いたします。

ページトップに戻るボタン