助産師の求人多数!転職なら「助産師の窓口」へ

助産院での助産師の仕事内容とは?

josanshi_4

妊婦の健診や分娩の介助だけでなく、産後のケアや新生児の保健指導など、出産に関するあらゆる場面で妊婦をサポートする助産師。なかでも、助産院で働く助産師はどんな仕事を行っているのでしょうか。
この記事では助産院の特徴を交えながら、助産院に勤務する助産師の業務内容について詳しく解説していきます。

助産院の特徴

助産院は助産師が運営をし、妊娠中のサポートや分娩の介助、産後のケアを行う施設です。病院とは違い分娩台がないところが多いため、産婦が楽だと思う姿勢でお産に挑むことができ、家族などに見守られながらゆっくりとお産をすることができるのが特徴です。また、医師は全てのお産を扱うことができますが、助産師は正常分娩しか扱うことができません。分娩の進み具合や母子の状態をしっかり観察し、正常にお産が進んでいるかどうかを判断しないといけないため、未経験や経験が浅い助産師が助産院に勤務をするのは難しいでしょう。

助産院には医師が常駐していないため、医療行為を行うことができません。取り扱うお産は全て正常分娩のみとなっているのも特徴です。

出産前の仕事内容

出産前は病院勤務の助産師と同じく、妊婦健診や保健指導、母親学級・父親学級(両親学級)の講師などを担当します。

妊婦健診

妊婦とお腹の中の赤ちゃんの健康状態を定期的にチェックし、安心して出産できるようにサポートを行います。血圧・体重・腹囲・子宮底長の測定や血液検査・尿検査などを行うほか、エコー(超音波)を使って赤ちゃんが元気かどうかの確認をします。

保健指導

助産師は出産に向けて、運動や食事、出産を迎える心構えや産後のケアや新生児の保健指導を行います。助産院は小規模の施設が多いため、妊婦一人ひとりに寄り添いながらじっくりと丁寧にサポートをすることができます。

母親学級・父親学級

母親学級・父親学級では、出産・育児に必要な知識の指導を行います。特に初めて出産を迎える初産婦は、お産の進み方や産後のイメージがつかみにくいもの。「出産がどのように進んでいくのか」「産後はどのような生活になるのか」をイメージしやすいように、わかりやすく伝えなければなりません。

妊娠から出産にかけての気をつけるべきことや赤ちゃんのお世話の方法など、丁寧に指導を行い、不安を解消していきます。

出産時

出産時は分娩の介助を行います。母体や赤ちゃんの状態を見ながらお産の進行をコントロールし、正常に分娩ができるように促していきます。

助産院の大きな特徴として、医師が常駐していないため医療行為ができません。そのため、分娩時に異常があると判断をした場合はすぐに提携している病院へ連絡をして指示をあおぎ、必要があれば救急車にて搬送することになります。分娩が正常に進んでいるかどうかの判断をしないといけないのが、助産院で働く上での大きなハードルとなります。

また多くの助産院では分娩台がないため、母親が楽だと思う姿勢でお産を進めることになります。立会いの人数にも制限がないことが多いため、産婦が希望をすればパートナーだけでなくお兄ちゃん・お姉ちゃんになる子どもや、おじいちゃん・おばあちゃんの立ち合いもすることもできます。あたたかい雰囲気の中でみんなに見守られながら赤ちゃんが誕生をするのは、助産院ならではの光景だともいえるでしょう。

出産後

産後1週間後と1ヶ月後の健診を行い、母体の回復と赤ちゃんの成長が順調に進んでいるのかを確認します。必要があれば授乳介助や乳房マッサージのサポートやアドバイスをし、母乳の与え方や沐浴の方法、抱っこのやり方、おむつ替えなどを指導しながら育児の悩みを聞き、慣れない育児の相談にのります。

助産院によっては、乳房ケアの他にも骨盤ケアや日帰りの産後ケアを行っている施設や、産後の母子が助産院に宿泊(ショートステイ)して授乳指導・育児相談を行う施設、助産師による家庭訪問ケアを行う施設などがあります。
日ごろの育児の悩みを聞きながら赤ちゃんを預かり、お母さんの心身のケアやリフレッシュを促していきます。

助産院によって産後ケアの体制は異なりますが、地域によっても特色があると言われています。あらかじめ勤務するエリア周辺の助産院の産後ケアについて調べておくとよいでしょう。

まとめ

助産院は助産師が運営をする小規模の施設のため、妊婦一人ひとりにじっくりと関わることができるのが特徴です。家庭のようなあたたかい雰囲気の中で多くの人に見守られながらお産を進めることができるのも大きな魅力となっています。

ただし助産師は正常分娩しか介助をすることができないため、助産院では順調な経過をたどっている妊婦しか受け入れることができません、また分娩時に異常があればすぐに提携している病院へ連絡をする必要があります。さまざまな判断には助産師としての経験が必要なため、病院などで一度助産師としてしっかり経験を積んでから助産院に勤務する方が多いようです。

助産院は医師が介入しないため、妊娠中のサポートから分娩介助、産後のケアまで、一貫して助産師が行います。そのため、助産院は助産師として大きなやりがいを感じるこができる職場と言えるでしょう。病院やクリニックとは違った雰囲気の中で仕事ができるのも大きな魅力です。

「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです 「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです
  1. Point01 Point01

    “就職して活躍するまで”を
    ゴールに見据えてサポートします。

    「思っていたのと違った」そんな不幸なアンマッチを防ぐため、求職者さまと企業に念入りなヒアリングを実施します。
    就職がゴールではなく、気持ちよく働けるまでをゴールと考え、プロの目で見て、本当に活躍できる職場とのマッチングを目指します。

  2. Point02 Point02

    “職種”特化型エージェントだからこそ
    高い満足度を実現します。

    「助産師の窓口」は助産師のためだけの職種専門エージェント

    職種に特化し、職種への理解度の高いキャリアアドバイザーが満足度の高いマッチングを行います。

  3. Point03 Point03

    “あなたの納得チェックシート”で、
    あなたの想いを見える化します。

    “あなたの納得チェックシート” を作成し、面談時にあなたの想いを見える化します。
    応募時に職場側が約束できる内容を確認し「理想と現実のギャップ」をお伝えする事で納得のいく転職を目指してご紹介いたします。

ページトップに戻るボタン