助産師の求人多数!転職なら「助産師の窓口」へ

新規オープンするクリニックの助産師のメリット・デメリット

josanshi_5

助産師の求人で見かける「オープニングスタッフ募集」の文字。オープニングスタッフは良いところもある反面、大変なこともあります。この記事では病院やクリニックのオープニングスタッフとして働くメリットとデメリットを紹介します。

オープニングスタッフとは

オープニングスタッフとは、新しくオープンする病院やクリニックのスタートメンバー募集のことです。病院の勤務医が独立して自分のクリニックを開院する、助産師が助産院を新規開院する、といった時などに助産師のオープニングスタッフの求人があります。

開院前からの雇用になるためクリニックの運営や業務マニュアル、人間関係を一から作り上げることになるのが特徴です。

助産師の新規オープンスタッフのメリット

全員が同じスタートなので上下関係がない

新規オープンスタッフは開院が決まってから同時に募集・採用がされるため、全員が同じスタートラインとなります。年齢や経験年数によって多少の上下関係はあるかもしれませんが、その職場に長く勤めている人がいないため、先輩・後輩といった上下関係に悩むことがないのが魅力です。

人間関係がまだ出来上がっていないのでチームになじめないといったことはなく、むしろ同じ一緒にクリニックを立ち上げる仲間として結束力が強くなる傾向にあります。

自分たちでルールやマニュアルを作っていける

新規オープンのクリニックでは、全体のルールやマニュアルが整っていないところがほとんどです。そのため、みんなが意見を出し合って仕事をしやすいようなルールを作り上げていくことになります。

細かい業務マニュアルを作っていくのは大変ですが、自分達が主導で働きやすい環境を整えていけるため、今まで古いルールや決まりごとにストレスを感じていた人でものびのびと働こう事ができるでしょう。

採用されやすく、雇用条件を交渉しやすい

決定しているオープン日に間に合うようにスタッフを集めなければならないため、新規オープンスタッフは好条件が多く既存クリニックのスタッフ募集時よりも採用されやすいのが特徴です。またなるべく優秀なスタッフを採用したいという思いから、「17時までには帰りたい」「土日は休みたい」などの雇用条件の希望を受け入れてもらいやすい傾向にあります。

募集時に求められている知識や経験、技術が伴っていれば、比較的採用されやすいというのも新規オープンスタッフの魅力です。

助産師の新規オープンスタッフのデメリット

とにかく忙しい

開院前の事前準備だけでなく、新規オープンのクリニックは開院をしてからも忙しくなります。どんなにリハーサルをしていてもスタッフ全員が新しい職場に慣れていないため、予期せぬトラブルが発生し、てんてこ舞いになってしまうなんてことも。またトラブルが起きた時に誰に聞けばいいのか、どうすればいいのか、あたふたしてしまうことも想定できます。

またオープンしてからしばらくは手探りでクリニックを運営するため、方針やルールがコロコロと変わりがちです。新規オープンスタッフには、どんな事態にも柔軟に対応できる能力が求められます。

クリニックの第一印象を作るため責任が重い

新規オープンのクリニックのイメージはオープンスタッフが作るといっても過言ではありません。どんなに先生の腕が良くてもスタッフの態度が不快と感じれば、悪い噂となって利用者の足が遠のいてしまうでしょう。途中でどんなにスタッフを入れ替えて対応を変えたところで、一番初めについたイメージを払拭するのはなかなか大変です。

良くも悪くも、クリニックのイメージを決めるのはスタッフです。そのため、新規オープンスタッフは地域の利用者への第一印象を作る責任があると言えるでしょう。

将来的にクリニックがどうなるかわからない

新規オープンのクリニックで働く最大のデメリットは、将来的にクリニックの経営がどうなるかわからないという点です。既存のクリニックならある程度の検討がつきますが、新規オープンのクリニックは軌道に乗るには時間がかかるため、経営が安定するかどうかが判断できません。最悪の場合、オープニングスタッフとして働き始めたものの、すぐに廃業してしまうというケースもあります。

まとめ

新規オープンのクリニックは開院前後が特に忙しく、仕事も覚えないといけないため目が回るような忙しさです。しかしその分、雇用条件が良かったり人間関係が構築しやすかったりなどのメリットがあります。そしてなにより「一から自分たちの手でクリニックを作りあげていく」という経験は、今までにないやりがいや達成感を感じることができるでしょう。

今まで既存の病院やクリニックで働いていたけれど、既に出来上がっているチームに溶け込むのが難しかったり勤務時間や給与面に不満があったりする人はぜひ新規オープンのクリニックに挑戦してみてはいかがでしょうか。今までとは違った、魅力のある職場を作ることができるかもしれませんよ。

「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです 「助産師の窓口」は助産師に特化した転職エージェントです
  1. Point01 Point01

    “就職して活躍するまで”を
    ゴールに見据えてサポートします。

    「思っていたのと違った」そんな不幸なアンマッチを防ぐため、求職者さまと企業に念入りなヒアリングを実施します。
    就職がゴールではなく、気持ちよく働けるまでをゴールと考え、プロの目で見て、本当に活躍できる職場とのマッチングを目指します。

  2. Point02 Point02

    “職種”特化型エージェントだからこそ
    高い満足度を実現します。

    「助産師の窓口」は助産師のためだけの職種専門エージェント

    職種に特化し、職種への理解度の高いキャリアアドバイザーが満足度の高いマッチングを行います。

  3. Point03 Point03

    “あなたの納得チェックシート”で、
    あなたの想いを見える化します。

    “あなたの納得チェックシート” を作成し、面談時にあなたの想いを見える化します。
    応募時に職場側が約束できる内容を確認し「理想と現実のギャップ」をお伝えする事で納得のいく転職を目指してご紹介いたします。

ページトップに戻るボタン